地震に備える-災害時に備えた避難の準備-

日本はいつどこで地震に遭うかわかりません。
地震災害に遭遇した際に慌てずに対応できる準備をしておく事が大切です。
地震災害時に備えた非難の準備。避難グッズなどはそろえておくべきでしょう。
避難グッズは日常生活の邪魔にならない且つすぐ手に取れる場所に常備しておく事をお薦めします。避難用品は最低2セットは用意し、家の中、外の倉庫などに置いておきましょう。余裕がある人は車にも積んでおくと安心です。
備えあれば憂いなし。いつくるかわからないから、避難用品を揃える事を後回しにしている方は今すぐ始めましょう。
地震などの災害が、いつ来ても大丈夫!な万全な状態で過ごしていれば安心です。自然災害は、いつ誰にでも遭遇する可能性があるのですから。
防災グッズ 非常持出しセット23点 防災セット 緊急避難セット23点入り 東日本大震災  非常...


タグ:地震 防災 防災訓練 避難訓練 避難場所 避難口 非常口 耐震 震度 マグニチュード 震源 自然災害 集合場所 災害掲示板 避難所 金庫 水 非常食 懐中電灯 防寒着 応急処置 救急箱 救急セット ろうそく ライター サバイバルナイフ 携帯電話 安否確認 地震雲 地震の予兆 地盤 災害伝言ダイアル PTSD 東日本大震災

posted by 地震・水害に備えた避難グッズ at 23:57 | Comment(0) | 地震に備える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地震の仕組み

地震の仕組み
地震は断層(地下の地盤や岩盤の割れ目)がずれ動いた時に起きるそうです。地球の呼吸のようなものなのでしょうか?
地球も生きているという事ですね。
地震を発生させる、地下の地盤や岩盤の割れ目を断層という。断層は、地下でずれ動くだけで地表に現れないことが多いが、大きな地震の時には地表にも現れることがある。そのため、地震を発生させた地下の断層をその地震の「震源断層」といい、震源断層のずれによって地表にも露出した断層を「地表地震断層」(または「地震断層」)と呼んで区別する。震源断層のずれが地表にまで露出していない場合は、「潜在断層」と呼ぶことがある。
また、地下で断層が動いた時、最初に動いた地点(地震波の発生源)を震源と呼び、地上における震源の真上の地点を震央と呼ぶ。テレビや新聞などで一般的に使用される震源図は震央の位置を示している。一度の地震では、震源だけではなく震源の周囲数m〜数百kmの地盤でずれが発生する。このずれの範囲を震源域と呼ぶ。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タグ:地震 地震対策 震災 断層 割れ目 地盤 プレート 震源 震度 マグニチュード 震源域

posted by 地震・水害に備えた避難グッズ at 22:49 | Comment(0) | 地震関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。